分割で製作するガスケットってシールできるのって話。

たまにガスケットを分割で製作することがあります。

製作する理由は様々で、一体物だと施工時に問題があることやサイズが大きすぎて運べないことや、単純にシートの規格以上のサイズのガスケットを製作をする際などです。

今まで何も気にせず分割のガスケットの図面貰ってそのまま納入していました。

あるときお客様から一体物のガスケットの図面を貰ったのですが、大きすぎて一体物で製作できないため、じゃあ分割で納めればいいんじゃないのかと分割でどうですかと提案したら、それってシール性大丈夫なのかと聞かれました。

確かに分割だから切断してある部分があるため施工時に、どんなに隙間なくつなげたところでそこのシール性なくて漏れが発生するんじゃないのかとその時初めて気が付きました。

不安があったためメーカーさんに問い合わせをしたら、やっぱり分割のためつなぎ目のシール性に不安があり多少の漏れの許容される箇所じゃないと使用は推奨できないとのことでした。客先から分割でと要望があった場合は設計した人がそこを理解している場合が多いのですが、こちらからの提案の場合はお客様からすれば分割なら製作できると説明されたから製作したあげく漏れが出るなんてどういうことだ、となってしまう可能性大なのでシール性の説明なく分割品を勧めないようにしようと思いました。

ほとんど扱ったことない防食ペースト

ニチアスの品番でT#9120の防食ペーストという製品があるのですが、先日初めて存在を知りました。

そして普段メーカーさんから配布されているカタログにも記載がない製品だったため、何のために使用するペーストなのかは不明だったのですがお客さんが必要だというのでその時はそのまま販売しました。

販売した後に気になって防食ペーストって何のためのペーストなのか調べたら、ステンレス鋼製フランジにジョイントシートを使用する場合の防食のために使用するとのことです。ただ、現状のニチアスのジョイントシートでステンレス鋼製フランジに使用して腐食するようなものは販売されていないし、自社で販売しているジョイントシートで防食ペースト使用する機会がありそうなのがバルカーのV#6500位なのかなと。

そうなってくると自然と防食ペーストを販売する機会がほとんどないのも納得できることなんだなと思いました。

正直ジョイントシートの歴史の変遷まではまだまだ勉強不足で過去のジョイントシートはステンレス鋼製のフランジに使用すると腐食したのかまでは不明ですが、製品として存在しながら現在あまり流通している感じがないのをみると昔は需要があったけどこれから無くなっていく商品なのかななんて思ってます。

ガス系流体のラインのガスケット選定の基本

配管の中を通る流体には大まかに水系流体、ガス系流体、油系の流体などの分け方があります。その中でもガス系流体の場合は基本的にはボルテックスガスケットを使用することを推奨します。

メーカーのカタログなどにはガス系流体でもジョイントシート使用可となっているのですが、ジョイントシート自体が繊維・充填剤・ゴムを混錬し、圧延したシートであるので、内部に空隙が多い構造をいています。そのためガス系流体では浸透漏れを生じやすくなります。そのため使用する際にはガスケットペーストを表面と内径の端面に薄く均一に塗布し、それに加えて締め付け面圧を十分に加えることで空隙からの浸透漏れを防ぐようにします。

私自身は施工の経験がないのですがジョイントシートのこの手順が結構面倒な工程だと思うんです。

そして、微量の漏れも許されないような毒性の強いガスや真空シールの場合はジョイントシートは使用ができません。

一方、ボルテックスガスケットの場合はしっかりとフランジを締めることができればそれでOKなので施工側から見ても手順が減るため多少価格は上がりますが、ガスシールの場合は基本的にはボルテックスガスケットを推奨しています。

どうしてもジョイントシートでという事であれば上記の項目をお客様に伝えたうえで使用していただく形になるのですが、施工の難しさと漏れたときのリスクを考えるとほとんどのお客様が安全をみてボルテックスガスケットを使用されることが多いです。

ジョイントシートでメーカー規格のガスケット厚み以上のパッキンって存在するの?

ジョイントシートで製作するガスケットの場合メーカーの規格サイズ以上の物は基本的には製作ができません。単純に材料の規格が存在しないので製作できなって話なんですけど。

それでも中には今使用しているフランジを開けてみたら厚みが5tくらいのニチアスのジョイントシートのT#1995がでてきてそれと同じものという事でお客さんから注文くるときがあります。

初めて聞いたときはそもそも材料の規格がないんだから作れるわけないじゃんって思っていたのですが、頭が固かったですね。単純に2tと3tを接着剤なりで貼り合わせて製作するんです。

聞いたときには確かにそれで製作することできるなーって納得しました。

ただ製作することは可能なのですが貼り合わせや重ねて使用すること自体メーカーの非推奨の使用方法になるのでなにかあってもメーカーの保証が受けることができないのと、ガスケット自体組み合わせて使用することで面圧が適切にかからなかったり、ガスケットとガスケットが接している面が滑ったり割れたりする場合などもあるため製作する場合はノークレームで何があっても全く保証ができない前提での製作になります。

なので、正直現行でメーカー規格以上の厚みのガスケットが出てきた場合でも面間などが何とかなるようであればメーカー規格内の厚みでのガスケット製作を提案するようにしています。

ガスケットの使用期間の設定ってあるの?

ガスケット特にジョイントシートのガスケットに関して使用期間だったりは設定されているのかという問い合わせがたまにあります。

カタログにざっくりとこれ以上の圧力、温度で使用する場合はこれくらいの期間で交換してくださいという目安があります。

それより細かい使用期間の設定はあるのですが使用している環境や使用方法によって大きく異なってくるので使用期間の目安がこれくらいだから今漏れが発生するのはガスケットのせいだという認識をうまないために、あえてお客様に使用期間の設定はされてないですが、カタログ上これくらいの圧力、温度で使用する場合はこれくらいの試用期間で交換することが推奨されていますくらいに伝えるにとどめています。

特にゴムなどは少し締め付け面圧をかけすぎたりしただけでも比較的亀裂が入りやすかったりするので、それで何度かゴムがすぐダメになったという話もありました。なので使用期間よりも使用方法だったり使用環境だったりがガスケットにとっては重要なんだなとその時実感しました。

塩ビフランジに使用するガスケットの注意点。

塩ビフランジに使用するガスケットの推奨なのですが一般的なシートパッキン(ニチアスの1995など)ではなくゴムのガスケットを推奨することが多いです。

元々ガスケットがフランジをシールする際にはフランジとフランジの間にガスケットを入れて、フランジを締め付けることでフランジとガスケットの間を押し潰すことでシールができています。この押し潰すときにガスケットに対して適正な面圧を掛けることができないと施工不良で漏れの原因につながります。

金属フランジであればフランジ自体が頑丈なのでボルトでフランジを締める際、十分に力をかけて締め付けることができるのでシートガスケットやボルテックスなどに対して適正な面圧を掛けることが可能です。でも、塩ビフランジはフランジ自体が塩ビなのでシートガスケットやボルテックスに対して中々十分な面圧をかけるほど締め付けることが困難なので、塩ビ配管に使用するガスケット選定の際はシートガスケットに比べて適正面圧の低いゴム製のガスケットを勧めることが多いです。ゴム自体は材質の性質上10K以下の耐圧しかないのですが、そもそも塩ビ配管やフランジ自体があまり強度がないため高圧での使用があまり考えにくいので塩ビって聞いたらとりあえずゴムを勧めています。

バルカーの6500と6500ACって何が違うのさ。

今いる会社はニチアス製品メインで扱っているので、正直バルカーさんやピラーさんの商品ってあんまり詳しくないんですよ。

まー、ニチアス製品に関してもまだまだなのですが。

その詳しくない中でもバルカーのジョイントシートの6500とニチアスのジョイントシートの1995が相当品ってことはよく問い合わせがあるので知っているんです。でも、バルカーって6500と6500ACってのがあるんです。

これってACつくと何が違うのって話なんです。

ちなみにお客さんに聞かれてそういえばそんなのあったな、確認してきますで逃げてしまいました。

それで確認したんです。

そしたら、簡単にいうと使用するフランジによって使用6500か6500ACかを使い分けると。

基本的に鉄のフランジだったら6500、ステンレスだったら6500ACだそうです。

理由は6500に含まれる塩素系化合物がステンレスと反応してステンレスを腐食してしまうので、塩素系化合物を低減した6500ACをステンレスフランジに対しては使用すると。

じゃあって話で、ニチアスで6500ACに相当するものってなんだろうと。それは、1995でした。

細かい所までは不明ですが、1995は可溶性ハロゲンが少ないのでステンレスフランジに対して腐食を起こさないそうです。

なので、6500って来たら無印でもACでも1995で代替え可能だってわかったのでお客さんにどうですかって、どやって説明をしましたと。

蒸気用ガスケットのジョイントシート

蒸気用で使用できるジョイントシートはニチアス製品だと下記2製品になります。

クリンシル® スーパーの画像

https://www.nichias.co.jp/gasketnavi/gasket/detail.html?id=1993

クリンシル® トップの画像

https://www.nichias.co.jp/gasketnavi/gasket/detail.html?id=1120

(ニチアス(株)HPより)

どちらも1995よりも高温帯で使用できるジョイントシートです。

もともと1993が製品として出て、その後上位互換の1120出たような形になります。

なので、1993を入れられているラインであれば、1120を入れても問題なく使用可能です。というよりかは、1120入れてもらえた方が性能が上なので安心です。

 

温度帯のざっくりの目安としては1120であれば、水系の流体でしたら圧力20K以下にて約200℃以下で考えていれば問題なく使用可能です。

働きながら思うのは、折角上位互換作ったんだから1993辞めちゃえばいいのにってそんな感じです。

一番よくでる。ニチアスジョイントシート、1995(クリンシルブラウン)

会社で一番出る種類のパッキンはと聞かれたらこれ。

1995(クリンシルブラウン)

クリンシル® ブラウンの画像

(ニチアスHPより画像転載)

https://www.nichias.co.jp/gasketnavi/gasket/detail.html?id=1995(ニチアスHP)

 

このパッキンよく出るのですが、基本的に使用推奨しているのが、水系の流体で100℃を超えないラインです。ざっくりと低温のラインです。

一応180℃までは使用できるので、100℃以上でも使用は可能なのですがその場合1~2年程度でガスケットの交換が必要になります。(通常は5年程度使用可)

なので、メンテナンスで交換が可能なラインでかつ低温の流体が流れるラインに使用推奨のガスケットです。

一応ゴムを除く他のガスケットに比べると安いので何とかこれでいけませんかとのお問い合わせがお客様からあるのですが、多少安いものをいれるよりは、高くてもきちんと条件に合ったガスケットを選定してラインに入れないと、それが原因で配管の漏れが発生した際に多少の安さなんか吹き飛ぶほどのお金がかかるので、勤めたいる会社の方針では条件に合ったガスケットを選定するようにしています。

 

このパッキンが良く流通しているので、世の中には100℃以下の低温の流体でメンテナンス可能なラインの配管が多いのだなーと製品が出るたびに思っています。

シートパッキンの代表的な形状3つ。

シートパッキンの代表的な形状は3つあります。

一つ目が全面パッキン(FF)

この形状はフランジに取り付ける際に、ボルト穴の部分にボルトが入ることによりパッキンが固定されるので施工がしやすいというメリットがあります。

ただ、他の形状に比べるとフランジに当たるシート面が多くなるので、締め付け面圧を十分にかける事が他の2つの形状に比べると労力がいるのがデメリットです。

 

2つ目は内パッキン(RF)

この形状はフランジのボルトの内側にパッキンの外形がくるような形状になります。

この形状は、全面パッキンに比べると施工の際位置決めが難しいです。

一方で、全面パッキンに比べるとフランジに当たる面が少ないので締め付け面圧を全面パッキンに比べるとかけやすくなります。

全面パッキンに比べ、漏れては絶対にいけないラインに使用されることが多いです。メーカー自身も、漏れの許されない蒸気やガスの場合はこちらの形状推奨です。

 

3つ目は耳付きパッキン

 

この形状は内パッキンに取っ手がついたようなイメージになります。

特性はほぼ内パッキンと変わらないのですが、取ってがついていることにより施工後外から見てもパッキンがきちんと入っていることが確認でき(内パッキンはフランジのリング面にいれてしまうので、施工後は外から見ただけだとパッキンが入っていることが確認できない)。

施工時の位置決めも内パッキンに比べるとスムーズに進めることが可能です。

 

上記の3形状がシートパッキンの主な形状になります。